洋風住宅は今の日本の生活様式に合っている

輸入住宅や欧風住宅の良いところは、私たち日本人が日本的な暮らしをして暮らしていないことから、それに沿った生活様式を提供してくれていることだと思います。
和風の家と言っても、リビングもダイニングも全部畳という家は少ないですし、どこかしらで必ずと言っていいほど洋風を取り入れていますよね。靴を履いたまま家に上がらないものの、それ以外ではすっかり洋風の生活になっています。それに合った家と言えば、もはや和風ではないのかもしれません。

 

食べるものも肉が中心に、着るものも洋服になった今、暮らしやすいのはフローリングで床に座らない暮らしであり、和室は隅に一部屋あるかないかです。そういう今の暮らしでは、洋風の家でないと違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。
住めば都と言いますし、慣れもあるので和風が悪いわけではないのですが、便利さを追求していったらどうしても近未来的な要素を絡めやすい洋風住宅になると思います。