親戚の工務店で注文住宅や輸入住宅を建てるのはダメ?

わが家は親戚に建設会社の人がいるということもあって、最初から選択の余地なく注文住宅でマイホームを建てることが決定していました。注文住宅でマイホームを建てること自体は、とくに異論はありません。おしゃれで素敵な輸入住宅じゃなきゃ絶対に嫌!などといったようなこだわりが強い夫婦だったら困ったかもしれませんが、私たち夫婦も、お互いに確認したわけではなかったのですが、「この先、家を建てるのでしたら注文住宅で建てたい」と思っていましたし。

しかし問題は輸入住宅かどうかではありませんでした。ネックは「親戚の建設会社」だったのです。知り合いですから、融通をきかせてくれて便利な点もあったのですが、けれどもこちらも融通をきかせなくてはならないこともありますからね。たとえばまずはマイホームの建設開始時期についてです。

私たちが当初希望していたマイホーム建設時期に別な仕事が入りそうだということで、「ちょっとずらしてくれないかい。あと半年遅らせてもいいかー?」と言ってきたのですよね。詳しく言えば、別な大口の仕事を取りに行きたいということで。豪華な輸入住宅を買いたい、といったような大きな仕事でも入っていたのかもしれません。

まあそれは仕方がないことでしょう。会社としての事情もよくわかりますし。親戚だからこそ、そこは譲歩してあげないといけないとは思いましたよ。けれども、こちらも住宅ローンをお願いする先の銀行とのやりとりや、こちらの計画だってあるのですからね。「半年遅らせていい?」なんてお願いされて、「ああ、オッケーですよ!」なんて言えませんよ。

まあ承諾しましたけれど、しかし非常に腹が立ちましたからね。「じゃあいいですよ。別で頼みますから」といったように、気持ちはそう動いていましたよ。これで親戚の建設会社でなければ、別な工務店に話を持って行ったところでした。もしかしたら輸入住宅をリーズナブルに建ててくれる業者に出会えたかもしれません。

せめてもの「救い」として、工期開始時期が遅れたおわびに割引してくれたので、まーあ良かったと気持ちの整理をつけることもできたかも知れませんが。疑問形なのは、今でも思い出すとムカムカするからです。

その他にも親戚だからと融通をきかせてもらえたところもあるのですが、しかしデメリットもあるのですよね。「赤の他人の方が注文住宅については、思いっきり意見や文句を言えるのでいいかもなー」と、この経験を通して思っていますよ。

ですから「親戚が工務店を営んでいる」という人に言いたいことは、「断る勇気も大事だぞ」ということですね。家にこだわりがある人ならば、なおのこと親戚の工務店で注文住宅を建てない方がいいかも知れませんね。もちろん輸入住宅も同じです。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|住宅リフォーム総合情報|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|童話|オーディオ|初値予想|お小遣いNET|サプリメント|お家の見直ししま専科|GetMoney|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|