マイホームを建てる際に考えたのは窓の配置

安城市で新築一戸建てマイホームを建てる際に気をつけたことは、「窓の配置」です。そこそこの住宅街にマイホームを建てましたから、やっぱりお隣さんとの関係は気になるところです。快適なマイホームライフにしたいと考えていましたので、隣近所の視線が気になる家は嫌だったのです。

私たちがマイホームを建てる家は、住宅街ですからね。野っ原に家を建てるわけではありませんから、隣近所の視線対策は必要です。ですから当然、「窓の配置」には気を配らなければならないわけです。

もちろん、家の周りに柵は作りましたよ。ちょっと網目が小さい囲いのような柵を作っています。壁にしてしまうのは、なんだか抵抗がありましたので。適度に陽の光が入る網目の柵です。これで周囲からの目隠しになります。

ただお隣さんのことを考えると、一階と二階の「窓の配置」はやはり考えなくてはなりません。お隣さんの二階から一階リビングの様子が丸見えでは気まずいですからね。ですからそこは、設計士さんにお願いして、お隣さんの家の窓の位置などからも、我が家の窓の配置を考えてもらいました。