輸入住宅に惹かれる人が多い理由

友人が言っていましたが岡崎市でも洋風の注文住宅の需要が増えているそうです。多くの人が輸入住宅や洋風住宅に興味を持っているのは、やはり今の日本の生活で和風住宅を感じることができなくなってきたからだと思います。畳の上に直に座ってご飯を食べるスタイルだとか、土間のある生活、襖に縁側という生活はおばあちゃん家で何度かという人くらいしかいなくなっています。
中にはこの良さを今風にアレンジできると言って、土間や縁側の良さを活用するハウスメーカーもありますが、縁側を作ることによる断熱性確保の難しさを考えると住みやすい空調にするのは困難でしょうね。縁側の代わりにウッドデッキを採用する方が多いと思います。
土間のある暮らしもあったら良いなと思うかもしれませんが、なくても十分不自由なく暮らせると身をもってわかっているとわざわざつけようとは思いません。それくらい今は洋風の生活に慣れ親しんでいます。だから家もわざわざ和風にしなくても良いやと思い、和室もコーナーに少し設置するくらいでちょうど良いと感じるのでしょう。