輸入住宅の断熱性の高さの信ぴょう性

北欧、スウェーデンや、極寒のカナダの家作りの技術を日本に持ってきたという輸入住宅もあります。冬に強いため日本でも寒冷地では重宝されるのかなと思いきや、口コミを見ているとそうでもないという意見もあって一体何が本当なのやらわからなくなります。

 

輸入住宅を販売しているハウスメーカーに限らず、どのハウスメーカーも高気密高断熱はアピールしており、夏に涼しく冬に暖かいという情報は載せています。しかし、具体的にどれくらい涼しいのか、暖かいのかというのはわかりづらいですよね。C値やQ値が明記されていても、注文住宅なら世界に一つだけの家となり、かつ職人さんの腕によっても多少左右されるものなのであくまで参考程度にしかなりません。

 

輸入住宅でも寒い時には寒いと覚悟した方が良いのかなと感じます。輸入住宅のモデルハウスに宿泊体験をするのが、今のところ最も断熱性がわかる方法だと思います。各ハウスメーカーの公式サイトから予約ができるのでチェックしておきたいですね。

RELATED POST

注文住宅で人気の輸入住宅の特徴

昨年、我が家は、輸入住宅を愛知県に建てま…

輸入住宅に惹かれる人が多い理由

友人が言っていましたが岡崎市でも洋風の注…

輸入住宅を選ぶために注意すべきこと

最近、岡崎市でも増えている輸入住宅は、海…

マイホームを建てる際に考えたのは窓の配置

安城市で新築一戸建てマイホームを建てる際…