夫婦がお互いに部屋を持たない一戸建てをつくりました。

結婚してから1LDKで二人で暮らしていたからか、お互いいつもリビングにいて、眠るときも同じ寝室へ、という暮らし方が染み付いており、岡崎市内で一戸建てを検討することになったときもお互いの部屋を作りたいという要望はありませんでした。
子供の頃、実家にいた頃はあんなに一人部屋がほしいと思っていたのに、変わるものだなぁ・・・と思います。

二人で寝転がっても余裕のある広いリビングが理想で、寝室はほぼ寝るだけになるのでコンパクトに。
一戸建てを購入するまでもない小さな暮らしでしたが、子供を授かった時、子供には一人部屋が必要だろうなぁと思ったのです。

その時はまだ妊活をしていたわけではありませんが、ゆくゆくは・・・と考えていたこともあり、妊娠と戸建て購入が同時に起こらないよう先に家を買ってしまうかという流れになりました。ダブルインカムで資金を貯められるのも、二人の時ならではです。

夫婦が仲良くしているところに、子供も一人部屋を欲っせず加わってくれるのが理想ですが・・・それでも夫婦がお互いの部屋を持たないことで戸建ての間取りにとても余裕ができ、開放感のある家を作ることができました。