注文住宅」カテゴリーアーカイブ

輸入住宅の価格の特徴を知るメリット

注文住宅を建てる時は輸入住宅にすると岡崎市でも海外で暮らしているような感じになり、価格が安くなるタイミングで依頼すると便利です。価格は現地から資材を調達するため為替レートなどで変動し、安くなるタイミングを知ると出費を減らせます。住宅物件は非常に価格が変わりやすく、注文住宅にする時は土地の選び方や依頼する業者の決め方を把握することが大事です。

輸入住宅は専門のメーカーがあるため、気軽に相談して資材の特徴などを知ると選びやすくなるなどメリットがあります。住宅物件は広くなれば価格が高くなると思われがちですが、経費を減らす方法を知ると安くなることが特徴です。

輸入住宅の価格の特徴を知るメリットは注文住宅を建ててもらうために役立ち、最適なタイミングを決めて快適に暮らせる環境を作ると満足できます。輸入素材は現地の物価や環境だけでなく流通経路によって変わりやすく、失敗をしないようにするためにはより多くの情報を知ることが大事です。

日当たりが良い一戸建てを探すのなら

愛知県で輸入住宅のマイホームを建てようと土地探しをしていた際、見に行った時はすごくお天気良くて家の中も明るくていいなぁとおもったのですが、近くに大きなマンションが建つことがわかりました。
マンションが建つことで、あとから日当たりが悪くなるかもしれないと思ったからです。
不動産会社の方はそんなことないと思いますよとは言っていましたが、売る側は隠すかもしれないしと不安になりました。

そこで家族と相談することにしました。
安い買い物ではないので、このあと日当たりが悪くなったとして、住み続けることができそうなのか、とか、すぐに売りに出して、買ってもらえそうな状況になるかということをずっと話していました。
自分たちだけではなかなか決まらないので、友人に不動産会社に知り合いとかいないかも当たってみました。
何かこういう時の対策であったり、確認方法かないものなのかどうしても確認してみたかったからです。

あと、後日ですが、自分たちだけでそのお家まで行き、外からではありますが、どういう感じに日が入っているかをくるっと見に行きました。

自分の目で確認することはすごい大事です。
不動産会社の方の詳しいお話も大事です。でも不安になったら第三者に相談するのもっと大事です。

住宅を持つ!キッチンは油はねて入れが楽な壁を

実家のキッチンは、壁がタイル張りでとてもおしゃれだったのですが、それゆえ水ハネや油ハネの汚れが目地に入ると掃除しにくく、忙しい日々の中結局掃除まで手が回らずに年末の大掃除でかなり苦労していました。
それを見て育ったため、自分で家を建てるなら注文住宅で絶対に手入れのし易い素材を選ぼうと考えており、その希望を叶えました。

 

昔にはあまりなかったものなのかもしれませんが、ふきんでサッと拭くだけできれいになるので、毎回調理後に簡単に拭き上げてしまう習慣ができました。
大掃除の時にも、キッチンでじかんをとられることはありません。
これは実家の母たちも羨ましいということで、近々リフォームできたらと話しているところです。

 

実家が戸建てであったことから、「不便」と感じていたところをそうならないように注意して自分が建てる家に反映できたのはとても良かったと感じています。
戸建てでなくとも、アパートやマンション住まいの方でも、自分が不便だと思っていたところは解消の手立てがありますので、住宅購入の際ぜひ検討してみてください。

注文住宅での、家具選び

私たちは、注文住宅で岡崎市内に一軒家を建設しました。
注文住宅ということで、間取りからコンセントの位置から、いろいろと自分たちで決めることができ、大変な部分もありましたが、とても役に立ったこともあります。

私は、食器棚は、一生使えるいいものがほしいと思い、ほしいメーカーが決まっていました。
注文住宅で家を建ててもらっているタイミングで、私自身もどのサイズのものなら入るのかというのを検討して、新築の家で使用する食器棚を選びました。

そこで、施工会社の担当の方に、欲しいと思っている食器棚の幅と奥行きを伝え、そのサイズでも入るかどうかを確認してみました。
すると、サイズは全く問題ないということで、さらに、ちょうど食器棚を置いてその横にコンセントが来るように、コンセントの位置を元々の場所よりも少しずらしてもらうことができました。

そうすることにより、食器棚のすぐ横にコンセントが来て、そしてその横に冷蔵庫を置くことができたので、スペースがとても綺麗に収まりました。

夢が叶ったマイホーム

私は22差で結婚を機に横浜から長野へ引っ越してきました。横浜では到底叶えられないであろう夢のマイホームを何とかして叶え、マイホームを建ててやろうと強い思いで来ました。何件か不動屋さんも回り、いろいろと調べて回ったのですが、なかなかそのような時はいい土地も探し当てることができずへこんで帰ってきたことを覚えています。しかし、人生に運命があるとするならば、この時が運命の時だったのかもしれませんが、知り合いから、「もうじきそこの土地を売り出すみたいだぞ」と連絡が入り、すぐさまに情報を仕入れ購入にたどり着けることができたのです。そこからはトントンと話も進みいよいよマイホームの建築へ。ここでもいい風が吹いてて、依頼をした設計事務所の社長さんが、独立しての第一号棟だったらしく、「完成見学会を少し長めにやらせてください。私もこの第一号棟に今後の運命がかかっています。少しの部分ではありますが、予定にはなかったグレードを上げた商品を入れてありますから」といい商品を入れてくださいました。正直なところ、25歳での注文住宅でのマイホーム建築だったので、今後の返済等、不安はいろいろありましたが、この機を逃してはもう二度とこの機は訪れないだろうと勇気を出して一歩前へ踏み出しました。若いなりきでしたが、返済計画等をしっかり考えてやりました。下準備をしっかりすれば、将来を見据えることができると、大きな自信になりました。今ではその家も14年が経過し、若干ですがボロが出始めています。今度はリフォームを検討しています。しっかりと下準備をして臨みたいと思います